Buscar
  • spainlabo

「誰か~」「誰も~ない」 Alguien/alguno, nadie/ninguno の使い分け

Actualizado: 7 jul

不定代名詞の «alguien», «nadie», «alguno, -a, -os, -as», «ninguno, -a, -os, -as» を使って「誰か~」「誰も~ない」を訳すときに気をつけるポイントをまとめてみました。


(2022年7月6日更新)





「誰か~(肯定文・疑問文)」「誰も~ない(否定文)」というときの「誰」は、


① «alguien», «nadie»

② «alguno, -a, -os, -as», «ninguno, -a, -os, -as»


を使って訳しますが、使い分けのルールがあります。


まず、不定代名詞①と②の基本的な違いを確認しておきます。


① «alguien», «nadie» は単に「人」をさして使います。性数変化はしません。


② «alguno, -a, -os, -as», «ninguno, -a, -os, -as» は対象範囲(グループ、全体)が文脈で限定、意識されているときの「人」に使います。性数変化します。


Nota: ②は動物やモノにも使いますが、ここでは人をさしていることを前提にお話しします。


では、例文を見ながら、①と②の使い方を確認してみましょう。


 

肯定文・疑問文の「誰か~」



(a) 誰かいますか~?

 ¿Hay alguien?

¿Hay alguno?


Alguien と alguno の違いが一番分かりやすい例です。


例えば、静まり返ったオフィスに誰かいるかどうかを確認したいときに「誰かいますか~?」って聞きますよね。


この場合、単に人がいるかどうかを聞いているので alguien を使います。「人」は誰であっても構いません


一方 alguno は、話の流れ(コンテクスト)の中で対象となる「人」の範囲(属性や性質)が限定されているときに使うので、上記のシチュエーションで使うのは適切ではありません。


次の例でもう少し詳しく説明します。


 

(b) 誰か来ると思う

 Yo creo que alguien vendrá.

Yo creo que alguno vendrá.


「誰か来ると思う」という日本語の一文だけだと、この「誰か」の範囲(属性や性質)を限定する情報が何もないので、“誰でもよい” alguien を使うのが正しいということになります。


ただし、「誰か来ると思う」と言うまでのやりとりでこの「誰か」の対象範囲が明らかである、限定されている場合は代名詞の alguno が使えます。例えば次のような場合です。

– ¿Sabes si los estudiantes vendrán a la clase opcional de hoy?

Yo creo que alguno vendrá.

 今日の選択授業に生徒が来るかどうか知ってる?

 誰か来ると思うよ。


このやりとりでは話の対象が「生徒」であることが明らかです。したがって “誰でもよい”「誰か」 alguien ではなく、「生徒のなかの誰か」(alguno de los estudiantes, algún estudiante)なので alguno を使います。


Nota:Alguno, -a, -os, -as は名詞を限定する修飾詞(例:algún estudiante vendrá)の場合と、代名詞(例: alguno vendrá)の場合があります。


 

(c) 誰か知っているだろう

 Alguien sabrá. ➡不特定の人

Alguno sabrá. 


これも(b)の例と同じです。話の流れで対象範囲が特定のグループ(例えば chicos, expertos, estudiantes など) とわかっているときに、そのなかの「誰か」が知っているだろう➡ Alguno sabrá と言うことができます。


 

(d) 君たちのなかの誰かが知っているだろう

 Alguno de vosotros sabrá.

Alguien de vosotros sabrá.



Nota全体の一部をさす「~のなかの誰か」というときに alguien は使えません。Alguno de... です。


例:

alguno de los presentes, alguna de las participantes, algunos de nosotros, algunas de las afectadas.



Nota:上記の例のように「~のなかの誰か」と言いたいとき、全体を男性形、その一部(alguno, -a, -os, -as)を女性形にするのは正しくありません。


 例:Algunas de los estudiantes


たとえ全体が男女混合で、そのなかの「誰か」が女性だけであるとしても、concordancia(一致)のルールに従って

  Algunas de las estudiantes


としなければなりません。


※スペイン語の concordancia のルールは複雑なので、これについては別のブログで取り上げたいと思います。


 

否定文の「誰も~ない」


「誰か~」は否定文(誰も~ない)になると、«alguien» が«nadie» に、 «alguno, -a, -os, -as» が «ninguno, -a, -os, -as» に代わります。使い方のルールは肯定文の場合と同じです。



肯定文・疑問文

否定文

alguien

nadie

alguno, -a, -os, -as

ninguno, -a, -os, -as


 

(e) 誰もいませんか~?

 ¿No hay nadie?

¿No hay ninguno?


最初の(a)と同じく、静まり返ったオフィスに人がいるかどうかを確認するシチュエーションだとしましょう。


ここでは否定文で聞いているので、nadie を使います。


問題は人がいるかどうかであって、対象となる「人」は誰でもよいので、 ninguno を使うのは適切ではありません。


 

(f) 誰も知らないだろう

 Nadie sabrá =No sabrá nadie*.

Ninguno sabrá.


c)の比較と同じです。Ninguno sabrá は、話の流れで対象者の範囲(~のなかで)が限定されているときの言い方です。


*NotaNadie が動詞の後にくる場合は、動詞の前に no が必要です。Ninguno も同じです。


 

(g) 君たちのなかの誰も知らないだろう

 Ninguno de vosotros sabrá.

 No sabrá ninguno de vosotros.

Nadie de vosotros sabrá.


これは(d)例と同じです。


注意:全体の一部をさして「~のなかの誰も~ない」というときに nadie は使えません。Ninguno de... を使います。


例:

ninguno de los presentes, ninguna de las participantes.

 

(h) 誰も完璧ではない

 Nadie es perfecto.

Ninguno es perfecto.

これまで見てきたように、Ninguno es perfecto は文脈上、範囲が特定できているグループの中で「誰も~ない」という場合の言い方です。


 例:Ninguno (de los jugadores de este equipo) es perfecto.

(このチームの選手のなかの)誰も完璧ではない。


脈絡なくいきなり "Ninguno es perfecto" と言ったら、 ¿Ningún qué? と聞き返されることでしょう。


補足:Ninguno es perfecto を「誰も完璧ではない」と訳すと誤訳になる可能性があります。対象が間違いなく「人」だとわかっている場合は問題ありませんが、そうでない場合は「完璧なモノはない」=Nada es perfecto と解釈するのが自然です。動詞が saber や pensar なら行動主体が「人」だと想像がつきますが、ser はそういうわけにはいきません。いずれにしても、脈絡なくいきなり "Ninguno sabrá" "Ninguno es perfecto" と言うのはおかしなスペイン語です。


 

(i) 誰も彼女を説得できない

 Nadie la puede convencer.  No la puede convencer nadie.

 =No hay quien la pueda convencer.


Ninguno (de su entorno) la puede convencer.


ここまでくればもう説明は不要ですね。


 

まとめ


誰か~」 や「誰も~ない」と言うときには、話の流れで対象範囲(グループ、全体)が限定、意識されているかどうかに気をつけて、不定代名詞を使い分けるようにしましょう。



(2021年11月現在の情報に基づきます)





69 visualizaciones0 comentarios

Entradas Recientes

Ver todo